You are currently browsing the monthly archive for May 2013.

(和訳はこっち)

I was celebrating Victoria Day last weekend at the beach with a few friends, discussing the anticipated fireworks show that was to come that evening, when I said “our tax dollars paid for the fireworks” in Japanese. My friends understood what I meant, but said that it *has* to be recast in the passive (or active with a null subject). Why?? What’s going on??

So there’s this little thing in semantics called metonymy, where a word is used to represent another word. A popular example is “I read Shakespeare”, where it’s understood that what’s being read is the works of Shakespeare, rather than the decaying corpse of the Bard. Metonymy comes in various forms such as container-for-contained (e.g. “the White House” for the civ. servants that work in the White House; “dishes” for the food on the dishes, etc.); tool-for-work/accomplishment (e.g. “hand” for “throwing ability”; “pen” for “writing style”, etc.); part-for-whole (e.g. “wheels” for “a car”; “head” for “person” (when counting), etc.), etc.

Read the rest of this entry »

私は(殆ど)毎週の土曜日に、うちの大学で和英会話サークルがあって、1時間が英語で、1時間が日本語の会話して、そうするとカナダ人も日本人も互いにいい勉強になりあいます。そして、自己紹介する時、私は仕方がなくて自分の専攻が「言語学」と言い出します。それからは問題です。言語学に関する者はもう詳しいだろうが、詳しくない方が必ず「じゃ、何語を勉強していますか?」と訊ねてくれます。

相手が言語学と語学の違いが解っても、何故か解らないけど、絶対に一つ言語しか勉強していないと思ってしまう。これが常識の問題か、日本と北米州の大学の違う構造か、私には解りません。(知っている方が是非教えて下さい!)

で、結局、言語学は何ですか?簡単に言えば、言語を解析する道具です。若しくは言語の科学です。そうみると、「何語の勉強ですか」は既に無意味になる。それはまるで、「専攻が音楽」と言った者に「じゃ、どの曲の勉強ですか」みたいな質問。確かに、音楽は専門的区別があるでしょう。ジャンル専門とか、作曲家専門とか、民族音楽専門とか。でも、本当は和声とか、楽章の順番とかの基礎で、一曲の勉強しているわけでもないですね。同様に、言語学は一つ言語の勉強じゃなくて、どんな言語でもある体制・構造の勉強です。[1]

それに、ある言語の語学専攻で言語学っぽい規則が教わっても、裏の原因と理由が教われなくて、現実の現象だけでしょう。一方、例の原因・裏面を解決・理解するための研究は言語学です。

Read the rest of this entry »

Glossary

COCA - Corpus of Contemporary American English
L1/L2/... - Primary/Secondary Language
NNS - Non-Native Speaker
NS - Native Speaker